民事事件(耳鳴症)

難聴・耳鳴症を患って

2019年4月末、中野区の賃貸住宅の隣の部屋の男性の深夜1,2時の電話の会話が半年続き、眠れず、左耳が半分聴こえない難聴になってしまいました。

男性は、恋人と話していましたま。

うるさい時には壁を軽くノックしました。

すぐおとなしくなりましたが、だんだん無視されるようになり、そのせいで、市販の睡眠鎮静剤を40日以上飲む日々を強いられてきました。

管理会社で宅建士でもある大家に相談し、その日のうちに電話で注意してくれたのですが、隣の男性は、またも深夜に会話。

言っても駄目だ思ったこともあったのか、数日後に難聴になってしましました。

当初は、男性は、反省してくれたように見えました。GWの中、病院を探してくれ、同行し治療費も負担してくれました。

医師には「ストレス性難聴」と言われました。治療の結果、難聴自体はほぼ治ったものの、耳鳴りが残ってしまいました。

男性は、引っ越してしまいました。 私としては、ひき逃げされているかのような気分です。

その後、管理会社が築年数をだまして、入居者を募集していることがわかりました。

どうゆう判決になるのか、気になり、闘うことに決めました。

においのなく、暴行を受けたわけでもない難聴は、被ばくに似てもいます。

以下は経緯です。リンクさせてあります。
更新日 タイトル
2019年07月25日 難聴になって(2019/07/25~)
7月27日 騒音おばさん
7月29日 騒音と不眠
7月31日 睡眠改善薬
8月25日 赤外線サーモグラフィ
9月02日 築年数の嘘
9月13日 赤外線サーモグラフィカメラ
基礎セミナー
10月09日 自立支援医療受給者証
(精神通院)到着
10月22日 逃げた加害者
12月03日 築年数(最大11年)の嘘は2012年~
12月23日 耳鳴りの状況
2020年9月02日 「第2」の外壁塗装
9月10日 睡眠の妨害30dB~
9月17日 ストレスと睡眠
9月20日 ストレス・睡眠不足→
突発性難聴
11月03日 心理的瑕疵
11月21日 ストレスの原因
2021年1月18日 漢方治療
4月30日 状況が瓜二つの判例
5月11日 取消し
5月21日 宅建業者の守秘義務
5月21日 瑕疵に関する判例
6月16日 自殺告知しない賃貸は不法
6月22日 優良誤認
6月25日 契約更新書
6月28日 消えた証拠
7月01日 食品偽装
7月05日 重要事項説明書
7月20日 障害者手帳受給
8月10日 障害者雇用
8月22日 転職活動
11月24日 民事訴訟
12月24日 証拠の優越
2022年1月12日 重大な過失
1月26日 鼻血
2月06日 簿記3級
2月26日 個別指導
4月22 判決
4月26日 警察

                             

結果は、棄却。

裁判官が、詐欺の白黒を受けられず、なんと、詐欺を容認してしまいました(4月22日判決参照)。

著しい倫理観の低下が見られ、障害を持ってもなんの考慮もされず、加害者に甘い日本の現状が明らかとなりました。

裁判では負けてしまいましたが、とても大きな発見をしました。

私は受電がしづらくなったので、障害をカバーすべく、簿記2級の資格取得を目指しました。無事に取得できました。

福島で被ばくした子供たちにも、マイペースで頑張って欲しいです。


追記:裁判が終わった後、虚偽広告はすぐに再開されました(6月6日築年数年数虚偽記載再発