民事

難聴・耳鳴症を患って

被ばく者訴訟のイメージと重なる民事事件のお話です。

2019年4月末、賃貸住宅の隣の部屋の男性の夜中の1,2時の電話の会話が半年続き、眠れない日々を過ごしました。

男性は、出来立ての恋人と話していたようです。

うるさい時には、毎回、壁を軽くノックしました。しかし、注意を無視されるようになりました。

そのため、我慢し、睡眠鎮静剤を40日以上飲む日々を強いられました。

大家(管理会社)に相談し、その日のうちに電話で注意してくれたのですが、隣の男性は、またも深夜に会話しました。

その結果、ストレスにより、難聴になってしましました。

男性と一緒に病院に行きましたが、医師には「ストレス性難聴」と言われてしまいました。男性は自分に責任があるとわかっていたので、治療費は負担してくれました

ところが、恋人の女性からは責め立てられ、再び、ショックで眠れない日が数日続きました。

そのせいもあってか、右耳45デシベル(深夜の騒音規制と同じレベル)、右耳30デシベルの耳鳴りが残ってしまいました。

その結果、障害者手帳を取得するに至りました。

訴訟を考えた理由は、においのなく、暴行を受けたわけでもない病状は、被ばくに似てもいると思ったからです。

男性は途中で引っ越し、逃げてしましました。

その矢先、大家の詐欺が発覚。大家(宅建所有者)は、何人もの住民を騙して利益を得ていたのです。築年数を10年以上も偽って募集していました。経緯を下記にまとめました。リンクさせてあります

更新日 タイトル
2019年07月25日 難聴になって(2019/07/25~)
7月27日 騒音おばさん
7月29日 騒音と不眠
7月31日 睡眠改善薬
8月25日 赤外線サーモグラフィ
9月02日 築年数の嘘
9月13日 赤外線サーモグラフィカメラ
基礎セミナー
10月09日 自立支援医療受給者証
(精神通院)到着
10月22日 逃げた加害者
12月03日 築年数(最大11年)の嘘は2012年~
12月23日 耳鳴りの状況
2020年9月02日 「第2」の外壁塗装
9月10日 睡眠の妨害30dB~
9月17日 ストレスと睡眠
9月20日 ストレス・睡眠不足→
突発性難聴
11月03日 心理的瑕疵
11月21日 ストレスの原因
2021年1月18日 漢方治療
4月30日 状況が瓜二つの判例
5月11日 取消し
5月21日 宅建業者の守秘義務
5月21日 瑕疵に関する判例
6月16日 自殺告知しない賃貸は不法
6月22日 優良誤認
6月25日 契約更新書
6月28日 消えた証拠
7月01日 食品偽装
7月05日 重要事項説明書
7月20日 障害者手帳受給
8月10日 障害者雇用
8月22日 転職活動
11月24日 民事訴訟
12月24日 証拠の優越
2022年1月12日 重大な過失
1月26日 鼻血
2月06日 簿記3級
2月26日 個別指導
4月22 判決
4月26日 警察

 

 

逃げた男性の行き先や職場を聞いても、大家はわからないと主張。私が入居するときには、父にも職場にも電話していました

大家に病気にさせられたわけではないですが、隣人男性も騙されて入居した可能性が高いことから、大家を通して争おうと思い、提訴

結果は、棄却。

武部智子裁判官が担当でしたが、なんと、騙したとしても、住居に不具合や転居を考えなかったとして、問題ないとするものでした → 判決文

唖然としました。不具合がなかったというも勝手な空想です。まさかそんなことが焦点になるとは思わず、伝えていませんでしたが、不具合はたくさんありました。

第一、不具合がなかったら詐欺をしてもいいのでしょうか。騙されていれば、更新するのは当然です。要は、バレなければいいという発想です。詐欺師とまったく同じ考え方です。よほど、謝罪や良い行いをしていて許すなら、まだ理解できます。

騒音も予見できます。状況が悪化したら、簡単に責任を逃れていいものなのでしょうか。健康被害で、一生背負う話なのです。

例えば、健康被害が出た後で害があると気づく病気もあります。水俣病、アスベスト、エイズ、カネミ油などの問題があります。どれも予見はしていなかったはずです。

私はうつ状態になり、何度も部屋での自殺を考えました。これまでの人生で一番辛い時期でした。パワハラ、セクハラより、悲惨な話だと思います。

大家の弁護士については、仲介業者が虚偽広告を行ったとしていました。罪を擦り付け、裏どりもありませんでした。冤罪を生み出していました。

その結果、2か月も経たないうちに虚偽広告が再開。私は、裁判官のせいだと思います。常習性を示す証拠はたくさん出しましたので、見抜けないわけないです。

裁判官が詐欺を戒める法律を無視したのです。証拠や被害も無視。障害者を見下している上、さらに被害者を増やす方へいざないました。即、辞めるべきです

裁判官の人件費は税金。無駄使いです。人の健康被害を軽んじるのなら、訴える側に意味がないです。悪事を平然と世に広める判決に違和感を感じて、控訴はあえて見送りましたが、「やはり」という結果でした。あやうく通り過ぎるところでした。

ただ、裁判官にも良い人はいます。性的暴力の被害を受けた女性に対する虚偽の中傷投稿に「いいね」を押した国会議員に賠償命令を出す裁判官もいます。ゴマをすってもおかしくない状況ですが、国民に手本を示すこと選んだのだと思います。

結局、裁判官も人間性です。

後遺症については、受電を避けるべく、簿記2級の資格取得を目指し、取得できました。

福島原発事故で被ばくして病気になったり、後遺症が残ったと思う人は提訴して欲しいです。泣き寝入りしないことが大事です。

私のように別の方向で、世間に伝えられるケースもあります。

核なき世界を願うのであれば、脱原発に向け、進んで欲しいです