築年数の相違

私の住んでいるアパートのすぐ真上の2階が空きました。

部屋の壁の厚さが気になって、ネットの賃貸サイトで募集が出ているかチェックしてみました。

いくつかのサイトで募集がありました。

しかし、築年数がまちまち。一番多かったのが1996年(築24年)。

内装より、そっちが気になりました。

7社の不動産会社が取り扱っていました。

同時の記載ミスなのか、それともわざとなのかはよくわかりませんし、老朽化を気にしていた時期だったので、法務局へ行って、登記簿謄本を取ってみました。

「昭和60年2月1日新築」と記載有。

唖然としました。

西暦で言うなら、1985年。

私の記憶では1995年でしたが、数年違いどころではなく、約11年違いました。

東京都都市整備局のサイトで検索したら、物件所有者である管理会社も宅建業者の免許持ち。

世の中、そんなにいい加減でいいのでしょうか。

2019年09月02日