奥入瀬渓流

流れる滝に感謝が生まれた
先のない悲しみを受け入れた
このまま月日が流れるように 
奥入瀬の滝も流れ続ける
悲しみのように冷たく落ちる滝は 

涙に見える 感謝が生まれた日
涙は嘆きではなく 

苦しみは痛みではなく 可能性が途絶えない 
情熱のしぶきとなった

赤外線サーモグラフィ

2019/08/25 投稿

隣の部屋との間にある壁の厚さを調査したかったのですが、住宅診断をやっている会社に聞いても、やっていないとの言われてしまい、途方にくれました。

自分なりに調べて、少しでも検証できそうな方法を探しました。

それが、赤外線サーモグラフィ。温度差で壁の中の様子がわかります。

高いので、レンタルにしました。1ヶ月で2万円弱。購入すれば、10万近くします。

FLIRという有名なメーカー。

外観を含め、160枚ほど撮影。

下の写真は、壁。壁の下には、ベッドがあります。

エアコンはつけず、窓を3時間開けっぱなしにして外出し、戻って、すぐ撮影しました。

大きな窓が右側にありますが、真向かいに同じ外観の建物があるので、陰になりやすく、日当たりはあまりよくはないです。

写真は、8月5日の13時頃。元の壁は白。猫は柄は、ウォールステッカー。

 

専門雑誌を購入したら、15cm離れたところから、撮れると書いてあったので、接近して撮影。位置をずらしながら、壁全面撮りました。その一部です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ネットで調べた限りでは、中に何か入っていなくても違法ではなさそうですが、はやり、防音にもなるような何かが入っているのか、ないのかは知りたいところです。 

最近、露骨に、私が音に神経質だとばかりに主張する人がいて、ショックを受けたので、実態も載せておおきました。

関係者は、皆、私を悪く言う人ばかり。

問題を起こす人の方を責められるならまだしも、被害者を責めないで欲しいです。

来月、FLIRの基礎セミナーがあるようなので、できれば詳しく聞いてみたいと思います。

一級建築士も探して、相談してみるつもりです。建物に問題なければ、それでいいです。

隣の男性に、壁が薄いせいにだと言い訳されても困るので、問題の本質がどこにあるのかを、はっきりさせておきたいです。